税金・支払保険料等で納期限に間に合わなくても相談に行くべき理由

大阪市カフェスイーツマニアのふらん(@furafran)です。

ご訪問いただきありがとうございます。

タイトルだけ見ると『どういう事?』となるので詳しく書いていきたいと思います。

まず表題だけ見ると『税金払えよ!』という声も聞こえてきそうですが

払っていますわと。

ところが、こんな事もあるんですよね。

皆さん良い事は書きますが、失敗系もどんどん書いていこうと思います。

相談に行くべき理由

①記録として残す為

②支払う意思がある事を伝えられる為

③本当に支払えない場合でも、納期限を伸ばせる可能性がある為

 

何でもそうですが、その気があれば行動します。

その気がなければ行動しません。

税金関連は本当怖いと諸先輩方に教わったので、ちゃんと対処したいですね。

そして、期限過ぎる・・・どうしようとか思っても期限までにまず相談に行く事!

今回の市税でいうと、税務署から市税に通知が来てから金額が判明するので

税務署の処理が終わっていないとどうしようもありません。

今回、私は税務署の処理が終わらないだろうと思い相談に行きました。

会社辞める前に貯金なかったらぎょえー!

こちらは市税。6月に入ったタイミングで、1年間の税金が計算されて

『あなたは、これだけ納付して下さい』と通知が来ます。

これは前年の所得に応じて決まります。

約1年前のわし、無職。

『おー。何もしていないのに357,800円持っていかれる

昔からある分だけ使う事はしなかったので

お金に困る事はなかったですが(°Д°)

よく親から『貯金をしておけ』と訳も分からず言われ続けましたが

何かあった時の為に、最低限残しておいた方が精神的には楽かもしれません。

突然の随〇期で計算外

これ、地味に心臓に悪いです。

病気になった訳でも交通事故にあったとかでもないのに突然のどーん。

去年確定申告の更正の請求を行ったのですが、

間違ったまま伝わってしまい、現在進行形で税務署の返事待ちです。

ともあれ、『あなたは本来払うべきはずの税金払っていない』というのが

随〇期という形で突然請求されます。

本当に支払う必要がある場合もありますが、私の場合は101,800支払わなくて良い事が分かったので

実際に市税の管轄事務所に行って相談しました。

奇跡が起きる

こんな経験しないと知りもしないでしょうが

延滞金が1000円を超えると、そこから課税されていきます。

逆にいうと1000円を超えない限りは延滞金が発生しません。

市税の場合は1か月は2,6%、2か月以降は8,9%ずつ加算されます。

『まだ処理中で、もう少しでわかるかもしれないので・・・』とか

『処理中で利息(延滞金を言い換えました)発生するのはちょっと・・・』と懇願していたら

運が良かったのか納期限が伸びました。

あとは、元々の金額は全て納付していたのもポイントだったかも知れません。

 

なので、

①記録として残す為

②支払う意思がある事を伝えられる為

③本当に支払えない場合でも、納期限を伸ばせる可能性がある為

相談に行って損はありません(勉強も出来て、もし他の困った人がいたらアドバイスできる)

封書にもご相談下さいと書いていますし。

 

いかがでしたでしょうか。

この記事が誰かの参考になれば幸いです。

 

参考になったら、シェアして下さい!

google analytics

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください