4月16日はエスプレッソの日。リストレットやルンゴとは何?

大阪市カフェスイーツマニアのふらん(@furafran)です。

ご訪問いただきありがとうございます。

私は朝起きて、1日の始まりがエスプレッソやカフェラテという日が多いです。

さて、本日はエスプレッソの日。皆さんご存知でしたか?私は去年まで知りませんでした。

この機会に『何だったっけ?』と思う方は振り返ってみましょう。

エスプレッソの日の歴史

エスプレッソマシンは1901年にルイジ・ベゼラによって開発されました。

1906年4月に開幕したミラノ万博博覧会で『ベゼラ社』が

『CAFFE ESPRESSO』という名前で出品したのが

エスプレッソの起源と言われています。

エスプレッソの『リストレット』『ルンゴ』とは?

エスプレッソの抽出量は約30ml(1オンス)です。

ところが、エスプレッソの抽出量によって名前が変わってきます。

25mlが通常のエスプレッソ・ソロ。

それよりも少ない20ml程度がエスプレッソ・リストレット。

逆に多い30ml程度だとエスプレッソ・ルンゴ。

ソロよりルンゴの方が苦味をより感じられます。

ソロよりリストレットの方が酸味をより感じられます。

コーヒー豆の成分は

酸味→旨味→甘み→苦み→雑味の順に抽出されていきます。

 

ただ、注文するときにドヤ顔で

『リストレット』『ルンゴ』というのは止めましょう(°Д°)

 

いかがでしたでしょうか。

誰かの参考になれば幸いです。

 

参考になったら、シェアして下さい!

google analytics

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください