大阪市内は稼げる!?Uber Eatsを試してみたら時給1700円~2000円だった話

大阪市カフェスイーツマニアのふらん(@furafran)です。

カフェ・スイーツの記事も、これから書いてはいくのですが

自分の歴史的な体験も、誰かの役に立てればと思い書いていきます。

さて、前記事にて私は『人にお金を使いたいんだ!』と偉そうなことを言いました。

→ 就活の虎が始まっていた!マネーの猫になりたい話

しかしよ。落ち着け。

私、9月にカフェをオープンする時に250万円~300万円使いました。

現在の出費を晒します。

現在4つ物件を借りているので、毎月末に30~35万ぐらい消えます。

さらに、前年度のサラリーマン(2018年3月までやっていました)の

給与所得により市税は9万弱、保険料は6万弱。

・・・

 

投資するお金もってないやん!

万が一何かあった時のお金しか持っていないので

『とりあえず100万!』なんてノリは出来ません。

→ 空いた時間で300回以上やったら、平均時給は1100円以上!?

副業OKな方、個人事業主・フリーターにオススメのUber Eats?

そんな訳ですが今は個人事業主にも優しい時代に。

仕事がいくらでもあります。

ある時、『Uber Eatsをやってみた感想で〇円』というのがありました。

あれ、確か家に眠っていたな・・・?

なぜ、家にあったのか。

いち早く、大阪にUber Eatsが出来ると情報が入った2018年4月。

友達と『これ、どないなんやろ?』と言いながら登録をしてバッグを入手していました。

『暇すぎてやる事なくなったらやってみよ』といいつつ早7か月ぐらい経過。

チャリ好きの私からしたらチャリこいで運動も出来るし稼げる!?

→ 大学時代、真冬なのに大阪→埼玉を3日間でチャリで走った話

以前、チャリで何か仕事できないかな~と考えていた時期があったぐらい好きです。

そして、『信じるな、疑うな、確かめろ』精神。

とりあえずどんなものかやってみるか~とUber Eatsデビューしました。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsの仕組み

Uber  Eatsは完全出来高制。

シフトはありません。自分がやりたい時にやって、やめたくなったらやめられるシステム。

→ 大阪市の料金支払いの仕組みはこちら。

■支払金額■

お支払い = (1) 基本料金 × (2) ブースト + (3) 特別キャンペーン[不定期] – (4) サービス手数料 5%

この様な計算式です。

(1)基本料金=(a)+(b)+(c)

(a) 受け取り料金: 215円

レストランにて商品を受け取った際に発生します。

配達先が2ヶ所ある場合でも受け取り場所が1ヶ所の場合には、受け取りは1回としてカウントされます。

(b) 受け渡し料金: 105円

注文者に商品を渡した際に発生します。配達先が複数ある場合には、それぞれ受け渡し料金が発生します。

(c) 距離料金: 60円/km

レストランから配達先までの距離に応じて、計算されます。

複数の配達があった場合には、合計の距離の分が計算対象となります。

公式HPから引用しています。

■計算方法■

例えば、1回の配達を完了すると (配達距離 2km):

 215 + 105 + 60 x 2 = 440 円

また、一軒のレストランから複数の配達先にお届けした場合 (配達距離 各1km, 1.5km):

 215 + 105 x 2 + 60 x (1 + 1.5) = 575 円

これだけ見ると、1回運んで400円ぐらい・・・?(°Д°)

レストランに行く→アプリで注文番号を伝える→双方確認→商品受け取り→デリバリー

たったこれだけの手順です。

ところが20分で1件としたら時給1200円。

さらに、レストランでの待ち時間は保障無。

 

ところが、効率的に稼ぐ為のシステム

『ブースト』と『特別キャンペーン』があります。

※2019年7月現在、このブースト倍率は徐々に下がってきています。バラツキが出にくくする為との事。

 

大阪市は大まかに区でブースト率が分かれています。

これは時間帯によっても異なる為、この時なら

半分見えていませんが1.8xと書かれた『西淀川区』が一番ブースト率が高く、

次に1.7xと書かれた区が高いですね。

ブースト率が高い所で活動するのが効率的かと思われます。

 

『特別キャンペーン』とはクエストという用語で、こんな感じです。

初めてやった時は土日限定で

時間内に3回運んだら400円、8回運んだら1200円、12回運んだら2500円というのがありました。

これらをうまく利用するのも良いですね。

私がUber Eatsをやる前に考えた方法

Uber Eatsの仕組みは

レストランに出来るだけ近いドライバーにピックアップしてもらう様なGPSシステム搭載。

レストランでピックアップ後、届け先が分かる。

 

最初のピックアップ(レストラン)の多いエリアに行くのが良いと考えました。

待機するのもよし、あえて最初の1店舗目は自宅で待機して

鳴り始めたら働きだすというのもアリです。

注文はハンバーガーとか丼系が多いです。

あとはカレー系も。

そして、後はやはりブースト率。

1回運ぶだけで大きく差が開くので、出来る限り高いエリアに行くのが良いでしょう。

(あえて、人がそんなにいないと見込んで低いエリアに行くのもアリかも)

 

また、

①地図が読めるという事と

②地名を見ただけで大体の位置がわかる事

地図に目的地が表示されますが、

やはり地名を見るだけで走り出せるとロスがないですよね。

大学生時代に東大阪~梅田の12km何十回と走ったのが今にいきる。

 

デビューした最初の2日間はこんな感じでした。

戦略を立てて、プロモーションも利用。

11,253/6.14=1,832円。

 

あれ・・・?チャリ好きからすると

その辺のアルバイトより圧倒的に時給が高い。

突然楽しくなり、Uber Eatsに目覚めるふらん。

(本業どこいった)

気付いたら週5ペース。でもこれは1日あたり2~3時間しか稼働していません。

23,693/12.26=1,932円。

もう、Uber Eatsの猫になろうかな。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

デビューして1か月も経たないうちに私100回配達してしまいました。(°Д°)

すっかりはまっている。

ゴールドパートナーになれますよ!という通知が来る。

過去3か月間の配送回数500回以上・・・?

専業じゃないと難しくね?

ゴールドパートナーには特典があって、

そのうちの1つに優待が受けられるという。

って全品10%オフ!1品サービス無料とかじゃないんだ。

Uber Eatsの最後のボーナス?

基本、オンラインにしていたら

トゥルルルン!という通知の音が来ます。

ピックアップするレストランに行った後、

たまーにユーザーからキャンセルが入る時があります。

噂には聞いていましたが、こんなにも早いタイミングで。

もうぼかすのも面倒くさいので、そのまま貼ります。

この日、夜に体力が残っていたのでUber Eatsやっていたら

お店で受け取った後、向かう途中でキャンセル。

アプリから『商品を破棄して下さい』という様な文言。

かつ丼2つ、捨てるの?もったいない。

Uber EatsのHPにも返却して下さいとは書いていなくて

ドライバーの好きな様にして下さいという書き方をしています。

破棄するぐらいなら、私はあまり外食に抵抗ないので美味しくいただきました。

かつ丼2つ食べたら流石にお腹が膨れます。

こんな事もありますが、別に食べたいものを食べている訳ではありません。

それが苦じゃなければ、この楽しみも出来ます。

 

という事でこれを機にUber Eatsに興味が出た方・一度やってみる気になった方は

→ こちらからの問い合わせで招待コード送ります

 

いかがでしたでしょうか。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

参考になれば幸いです。

参考になったら、シェアして下さい!

google analytics

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください