お茶と器にこだわる、心斎橋の日本茶専門カフェ「ワド」に注目!

こんばんは、大学生の時はお茶を最小限しか飲まなかったのに

年々お茶に魅力を感じるふらんです。

お茶系といえば京都が真っ先に思い浮かびそうですが

大阪にも最近はお茶系のカフェも増えてきたみたいです!

それも、ミナミエリアにお茶専門店がありました。

「ワド」というカフェに行くために事前にどんな所かまとめてみました。

→ お店のHPはこちら!

→ Rettyグルメ専用アプリのレビュー

心斎橋にある「ワド」の期待値

品揃え :  ★★★★☆

店内の広さ : ★★★★☆

アクセス、入りやすさ : ★★★★☆

価格 : ★★★☆☆

オシャレさ:★★★★★

総合 : ★★★★☆

 

日本茶専門カフェ「ワド」に行ってみたいと思った経緯

 

年々、慌ただしく過ごす毎日の中

たまにまったりと過ごしたくなります。落ち着いた空間が良いですね。

ワドのHPから引用しましたが、独特の雰囲気良し。

ここの管理人は洋菓子が好きですが、去年あたりから和菓子も好きになりました。

どうやら、口コミによると「もなか」も相当美味しいみたいですね。

もなかは隣の友人にもパリってしっかり聞こえるくらい、パリパリ。中の餡の上には玄米を炒った粒かな?が乗っていて、食感も楽しめます。
もなかは好きで良く食べる方だと思いますが、今まで食べた中でダントツに美味しかった!

 

お茶の飲み比べが出来るだけではなく

器も変えて楽しめる様に工夫されているみたいです。

心配り・気配りが勉強できそう(^^)

 

お店の方は様子を見ながら良いタイミングで
二煎目を煎れてきてくれます
また器が違いました(写真撮るのを忘れました(^^;)
今度は90度 さっきより苦味が感じられます。
お茶うけと一緒に楽しみながら頂きます(^^)
最後は100度です。
お茶は奥が深く、温度によってこんなに味が変わるのだと思いながら美味しく頂きました(^^)v

これは見入ってしまいそう。

美に触れられるカフェですね!!

饅頭も食べるのがもったいないビジュアル。

 

ミナミに行ったら、次はこのお店。

趣があるという表現を使おうかな。

○主なメニュー○

※その他のメニュー・画像はワドのHP・Retty等でご覧下さいませ。

■お茶うけ3種盛り 350円

■ワドモナカ 250円

■丹波黒豆入りぜんざい 900円

■ほうじちゃ 700円

■ごこう 1000円

etc…

お茶で1000円!!

○お店の情報 ワド○

【営業時間】

13:00 ~ 20:00 (L.O 19:30)

定休日不定休

電話番号: 06-4708-3616

 

ワドへのアクセス方法

住所:大阪府大阪市中央区南船場4-9-3 東新ビル 2F

アクセス方法

大阪市営地下鉄御堂筋線 / 心斎橋駅 徒歩5分

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 / 心斎橋駅 徒歩5分

大阪市営地下鉄四つ橋線 / 四ツ橋駅 徒歩6分

 

○一言まとめ○

専門カフェが増えていても、なかなか知らない所ばかり。

ミナミというと喧騒の場所のイメージですが、

休憩にぴったりのワドというカフェで

日本茶を少しずつ飲みながら、ゆっくり過ごせる贅沢な時間を楽しみたいですね。

この記事が参考になれば幸いです。

私はこれから行くので。笑

 

参考になったら、シェアして下さい!

google analytics

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください