なぜ「一人でも入りやすい大阪市内のカフェ・スイーツ店まとめ」を始めようと思ったのか、3つの理由

ブロガーのふらん(@furafran)です。

ご訪問頂きありがとうございます。

2017年も残り数日となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

最近は新しく出会う人も増えてきて、自己紹介をしているうちに

――――なぜこのカフェ・スイーツブログをはじめようと思ったのか?

――――今、何をしようとしているのか?

聞かれる事が増えてきました。

初対面だったり関係性が深くない方に想いを語る事はほとんどありませんが

最近は、それも大事かも知れないと気付いたので発信してみます。

今、カフェ・スイーツブログをしている3つの理由

先に結論を書いてしまいます。

最終的には「本気で楽しんでいられるか?」

1つ目は、大学生の終わり頃から「本を出してみたい!」という想いがあったから。

2つ目は、非日常な空間で過ごす贅沢な時間・場所を不特定多数の皆に共有したいと思ったから。

3つ目は、凡人でも、才能が開花される瞬間の場作りを将来的にしてみたいから。

 

1つ目。2016年の終わりに、ようやく何の本を出したいのか固まった。

経緯はこれ。

時間出来た→のんびりと過ごしたい→カフェでも探して入ろうとする

 

が。

 

「カフェ巡り好きやし、けどネットでぐぐっても本探しても「一人でも利用しやすい」特集の本ってないやん・・・。

じゃあ、自分で作るか!となって

せっかくなので蓄積出来て管理しやすいブログを再度始める事に。

このカフェ・スイーツブログでは、今は固定で1300人弱の方が定期的に見て下さるようで。

このブログでは書き切れない情報・書きにくい事を電子書籍で出版。というのが現時点での目標です。

 

2つ目。カフェに行く人って一定多数いると思っていて

行先の近場のカフェに待ち時間調整等で行く人、目当ての商品があってどこにでも行く人、利用シーンは様々。

大学生の時からたまにカフェに行ったりし始めたけど、「何でこの店こんな横柄なん?」「不愛想やな」と

残念な気持ちになってしまった事があった。

カフェに限らず飲食店・服屋とか色々あるけど、自分が直接行って「良い」と思った所を紹介したい。

今はサラリーマンとして営業兼現場系の仕事をしているけど、実際に見たか見ていないかは説得力が違う。

 

3つ目。ここ2,3か月でお会いした人には大体話している気がしますが

来年、独立します。もうここでも書いてしまう事で逃げ場を絶つ。

ほんで基本的には意識低くしたいので、ふざけてたりのほほんとしているけど

結構長くなるので後述します。

 

気になった方はこのまま読み進めてくれると嬉しい!

ふらん20歳~21歳、大学生2回終わり~3回始めの時の話

 

単位は落とさず、学校は当然行く。バイトもしつつ余暇を楽しむ。

ただ、特にこれ!という打ち込む趣味はなかった。

カラオケが好きで安く遊べるので、一番行っていた時は3日に1回

6~7時間歌っていたりした。歌手になろうとは思ったことはない。

そんな中で「本当に自分がしたい事は何なのか?」が全く分からなかった。

何となく楽しそうなオーラが消えていったのか、話すネタも尽きていって

次第に普段から遊んでいた・行動していた友人は離れていった(ように当時は感じた)。

徐々に自信を失う。

良き理解者と思ったのか2回生の終わりの時、高校の時の彼女に

約2年ぶりに会うも、どことなく楽しませる事が出来なかった。

そして、誰に話していいのか?それすらも分からなくなると同時に誰が分かってくれるん?

思うようにもなった。

3回生(2012年度)になって「環境を変えよう!」と思い立ち、たった1km程度の引っ越しを行う。

バイトも新しい事を始め、漠然と将来の事を考え始めた。

この頃が一番大学生活の中でも悩んで悩んで、でも分からない。人に相談しない。

悪循環に陥っていた。

そんな中、今もたまに会ったりする滋賀に住んでいる親友(通称しちり)がいて

しちりだけが当時、心の頼りだった。夜中に、「何で相手してくれるんやろ」と一人で泣いていた事もあった。

それぐらい、当時はひどく落ち込んでいた。と同時に何の見返りも求めずに相手に

「何か」を与えられる人ってカッコいい、素敵と感じた。

なぜ、困っていても言わないのか

大体こうだと思う。

①迷惑をかけたくないというプライドが邪魔をして、一人で解決しようとする

②言った所で・・・と自己完結している

③話しても、理解してくれるか分からないから

何かある度にすぐに人に言う人っているけど、

それでも言わない人より信頼されている気がする。

「いつでも真っ直ぐ」なのか「何を考えているのか分からない」の差か。

不思議な事って起こる

以前、ふらんの去年の痛快な出来事を書いたことがあります。

→突然、刑事事件に巻き込まれ1週間無気力になった時の話

この出来事が今の考えを形成しているのかも知れない。

 

私の尊敬する40歳の内装業の女性社長さんがこんなエピソードを前に話してくれました。

―――――起業して数年、資金もそこまで多くない時に

雨の中車で走っていたら、弱っている犬を見つけて放っておけなかった。

その犬は病気持ちで、診断したり必要な物資を買い揃えたりすると

22万必要。今の自分には厳しい。どうする?

けど、良心に従って助ける事を決めた。

その後獣医も見つかったり協力者も見つかったりして

何より22万の仕事が突然入った。

それ以来、良心に従って行動し続け今は似たような境遇の犬を8匹も飼っている。

周囲からは「NPOでも始めたらどうですか?」とも言われるそう。

 

私も、最近の出来事でいうと

マルシェイベントを企画していたのですが

イベントブース出展者が足りない!となった時に、自分の現状を伝える前に

相手が今、何で困っているのか?

集客もしないといけない。ビラを置かせて頂いたり、アテのある所に出向いたり

初めて行くカフェでいきなりプレゼンを始めたり。

その際に、宣伝隊長を名乗る。SNS・このブログで発信する。

時には、コーヒー屋さんなのに、また別の店舗のフライヤーを置きに行ったりする。

コーヒー屋さんの回し者ですらないのに。

すると、後から今私がこういう人が欲しいと思っている人に次々と出会う。

コーヒー飲みにいったらケータリングカー作っている人と出会ったり、

DIYをしていて休憩中の出先でリノベーション事業をしている人に出会ったり。

 

決して、自分は大したことない。周りがすごい。

低姿勢で、いつまでもいたいですよね。

応援する人になるのか、心配している人になるのか

私がカフェ・スイーツブログをしている3つ目の理由は、ここに繋がってきます。

 

「カフェを始めたい!」「ゲストハウスを創りたい!」

「癒しの空間を創りたい!」

具体的に何か決まっていないけど「誰かの為に喜ばせられる事がしたい」

それぞれ違う視点で、別々の想いで前向きな発言をしている人によく出会います。

その時に

「やめときなよ」

「まだ若いし、そんなに焦らなくても良いんじゃない?」

「私の付き合っていた彼も、あなたに似ていて、当時を思い出してしまう。

結果から言うと失敗して大変な人生になったから、安定した収入を得ながらしたい事をする生活でもええやん」

 

忠告してくれているのかも知れない。本気で「本当に大丈夫?」と心配してくれているのかも知れない。

だったら「どうやって売上を出す仕組みを作るの?まだ出来ていないなら方法考えよう」と言って欲しい。

今までの自分で、未来の自分は決まらない。

可能性なんて、今からの行動でいくらでも変えられる。力の出し方も得手不得手があって

コントロールしやすいかしにくいかだけ。

大抵心配しているふりをした言葉を言ってくる人は「したことがない」人。

したことがあったら、自分は~歳の時にしてみて、こうだった。

だからこうしないと危ないかも知れないという様な「具体的な内容」が出てくると思う。

 

しかし。

しかし。

前提条件として、そもそもこんな話をしたいけど

どういう時にするの?

同じメンバーもいいけど、別の人の意見も聞いてみたい。

そこでアホなりに考えたのがこれ。

発案中の、ゆるいゆるい企画

年明けの2018年より、「今宵、メシイコ」というのを始めます。

コンセプトは「ふらっと行ったら、背中を押してくれる」

そんな企画という名の

ただ飯を食べに行くだけのゆるい感じですが、

今まで紆余曲折あった自分と向き合ってくれた多くの人に恩返し。

いや、恩送りをしたいと思っています。

私は、自分の好きな人達が応援してくれている姿を思い出して

その人達の為に動いているのかも知れない。

しんどい時・つらい時にかけて欲しい言葉ってただ単に共感したり、背中を後押しする言葉やと思います。

であれば、応援する人になりたい。

そして、その時のエネルギーってめちゃくちゃ大きいと思う!

頭も活性化しているし、次々と案が生まれてくる瞬間が好き。

「こんな自分でも、誰かの役に立てる」

「皆が応援してくれる、この目標は達成するまでやり遂げる」

そんな「人の想いをカタチ」にする場所が作れたらなと思っています。

転貸可能の賃貸物件で民泊を行っていて

そこは「なくてもいいけど、あったら良いもの」というコンセプトで定期的にDIYしています。

「この場所に泊まると、何か持ち帰る事が出来る」仕組みを創り中です。

 

こんな偉そうな事を長々書いたけど

誰かカフェ・スイーツ巡りをしましょうという話。え?(°Д°)

まとまっているような、まとまっていないような。

長すぎるので、また別記事で書いてみます。

第1弾でした!(第2弾もあるの?)

参考になったら、シェアして下さい!

google analytics

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください